掛川市、袋井市、磐田市で注文住宅をご検討中なら、掛川市駅前にある八伊勢へ

家づくりは、匠みの技も連携や協力がないと活きません。
棟上げにはそれぞれの技術を認め合う大工の「あうん」の呼吸が欠かせない。

建てた家を責任をもって守り続けること、お施主様への約束です。

木は家族とともに生き続け、世代を超えて受け継がれる。
木が自然に生かされてこそ、木の家づくりなのです。
木遊舎の家づくりは職人が一棟づつ心を込めてつくる
「一世紀の時を刻む」物語です。

丹念に一本一本を手刻みする
木と向き合う特別な時間が流れる

材木の上に墨で印をつける「墨付け」作業を行ない、
鋸やノミを使ってそれぞれの材の接合部に
「仕口」という加工を施します。

木が本来持つ特性を生かした木組み。
梁と梁とを継ぎ手で結び、込み栓を打ち込む。
木が互いに組みあってしなやかで粘り強い構造。

材木の上に墨で印をつける「墨付け」作業を行ない、
鋸やノミを使ってそれぞれの材の接合部に
「仕口」という加工を施します。

  • 社名 八伊勢
  • 社名 入沢建築
  • 社名 木ごころ工房
  • 社名 草ケ谷山本建築
  • 社名 (株)高橋建築工房
  • 社名 萩本建築
  • 社名 松村住建